訃報を聞いたらすべきこと

お葬式へ行くとき一番はじめに悩むことが服装だと思います。 暗い色が良いなど漠然なことにかんしては多くの方がご存じだと思います。 しかし、細かいマナーまで理解している人は少ないのではないでしょうか。 ここで正しいマナーをしっかり確認しておきましょう。

葬儀中の正しいマナー

お葬式が始まりますと、正しいマナーを知っていなくてはできないようなことが多くあります。 例としては合唱や、お焼香、到着時間といったものなどかなり多くのものがあります。 お葬式の場の雰囲気を乱さないよう、正しいマナーを身につけるようにしましょう。

宗教や宗派によって異なるマナー

お葬式は宗教や宗派によって少しずつマナーが異なります。 特に仏教の宗派間でのマナーの違いは分かりにくく、実際お葬式でも参列者それぞれが異なるマナーをとっていることもよく見かけます。 失礼に当たるこもありますので、ここでしっかり学んでおきましょう。

お葬式にふさわしい服装とは?

訃報は当然やってきます。
これに関してはどうしようもないことです。
ただ、訃報を聞いたらできるだけ早く行動するのがマナーです。
なぜなら、葬儀を行う親族の方は突然のことにとても忙しくなっています。
お葬式の準備もしなければならないわけですから参加人数などもできるだけ早く把握しておきたいはずです。
こちら側ができるだけ早く連絡することで迷惑をかけないようにしましょう。
具体的に連絡を行う内容ですが、まずはお葬式出席の有無です。
そして、もし出席ができないようなら必ず弔電をするようにしましょう。
もしも一通り連絡し終わったならば、次にやるべきことは香典の準備です。
香典は葬式の出席しなくとも準備することがあるはずです。
ここで重要なマナーとなってくるのが中に入れる金額です。
あまりに少ない金額ですと失礼に当たりますし、かといってたくさん入れてしまえば相手に気を使わせてしまいこれもまた失礼になってしまいます。
地域差や社会環境の違いによって、一口には言えませんがここでは一般的なものを参考程度に紹介してきます。
まず、知り合いや友人の方には五千円ほどの金額が妥当ではないかとされています。
そこから、その人との付き合いや血縁が深くなるにつれ一万円など高い金額にしていけばよいとされています。
この際、香典は金額ができる限り奇数になるようにしましょう。
加えて、新札を用いると失礼に当たってしまいますので森目をつけたお札を使うようにすることもマナーとなっています。

おすすめリンク

仏壇の捨て方案内

仏壇って何ごみなの?故人に失礼なく捨てるには?仏壇の捨て方を知っておきましょう。

鎌ヶ谷で葬儀をするといくらから?

葬儀は高いというイメージがありますが、鎌ヶ谷で葬儀をする場合の相場の目安とはどれぐらいなのか。