訃報を聞いたらすべきこと

アクセサリーはできる限り避ける

お葬式には基本的に喪服で出席することは皆さんご存知だと思います。
そして、アクセサリーを身につけることもできる限り避けなければなりません。
つい身につけてしまっている人もいるのではないでしょうか
最低限身につけることが許されるものは結婚指輪のように地味で目立たないものです。
派手な色やキラキラした時計やネックレス、ピアスをすることはできるだけ避けるようにしましょう。
また、結婚指輪でも目立つ飾りや装飾がついている場合があります。
そのような場合は、本来指の外側に来るものを内側に回し手のひら側にくるようにすることもできます。
そうすることで、飾りが目立たない形になり指輪が目立たないようにすることができるからです。

細かい服装や髪形のマナー

お葬式の身だしなみにかんしては、男性に比べて女性の方が細かいマナーが存在しているようです。
というのも、男性に比べ女性の方が身だしなみを整えるポイントが多いからだと思われます。
例えば、髪形についてはできるだけシンプルなものにするようにしましょう。
高い位置で髪を結ばないようにすることや髪飾りは地味で目だたないものをつけるようにしましょう。
また、ストッキングは濃すぎても薄すぎてもお葬式の場にはふさわしくありません。
わずかに肌が透ける物がベストとされています。
スカートも短すぎ、足を必要以上に露出させるものを着用してはいけません。
基準としては、座った時に膝がしっかり隠れる物が良いとされていますのでそれ以上のものを選ぶようにしましょう。


シェアする

B!