宗教や宗派によって異なるマナー

宗教・宗派で異なるお焼香の方法

お葬式でのお焼香のやり方は人によって異なるはずです。
どれが悪いというわけではありませんが、仏教の宗派によって適切なやり方があるのは事実です。
出席する葬式の宗派に合わせた対応をしましょう。
具体例を挙げますと、お焼香の回数が一回の宗派は浄土真宗の本願寺派と臨済宗、二回の宗派が浄土真宗大谷派と曹洞宗、日蓮宗と天台宗が1、3回だそうです。
浄土宗に関しては特に回数の制限はないと言われています。
また、通常お焼香を手に取ると横の火にくべる前に、顔の前に寄せると思います。
しかし、浄土真宗に関しては例外でその行為を行う必要はありません。
最近では無宗教のお葬式の形も定着しつつありますが、宗派別の葬式がなくなるわけではありませんから覚えておいた方が良いでしょう。

キリスト教のお葬式の形とは?

ここでは今まで仏教のお葬式のマナーについて紹介してきました。
しかし、近年では仏教だけでなくキリスト教の形でお葬式を行うことも少なくありません。
昔と違い、宗教も多様化してきていますからね。
例えば、キリスト教ではお焼香の代わりのようなものとして献花を行います。
方法としてはまずは祭壇に進み、右手に鼻が来るように受け取ります。
次に一礼を行い、献花台に置きます。
この時、花は祭壇を向いていなければなりません。
最後に遺族の方、教会の方に一礼して退出していきます。
ここまで聞くとなんとなく仏教でのお焼香とに似たものがありますよね。
いざというときでも、様々な形式のお葬式について事前に調べておくことで対応できるようにしていきましょう。


シェアする

B!